http://minimini-chuou.jp/morishita/森下・清澄白河のあたりは江戸時代に新大橋がかかったことをきっかけに交通の便が良くなり、発展してきました。
近くには隅田川が流れており、のどかな川のせせらぎに安らぎを感じながら生活を送ることができる地域です。
また、深川めしでお馴染みの深川も近いです。

森下駅は都営大江戸線、東京メトロ半蔵門線が走行していて、清澄白河駅には都営大江戸線と都営新宿線が走行しています。都心部からは少々離れていますが、周辺が住宅街であることから、都心へ通勤する会社員のベッドタウンとして機能しています。

特に清澄白河は高層マンションの建設が進んでいるので、今後の街の発展が期待できそうです。
より住み良い街になることを予想して、賃貸でもこの辺りに住む方が増えています。

森下や清澄白河の賃貸はミニミニが良いですよ。ミニミニの場合は物件の豊富さはもちろん、敷金や礼金なし物件がたくさんある他、仲介手数料も家賃1ヶ月分の50%ですので、初期費用を抑えて引越しをすることができます。来店予約はホームページ上から可能です。

森下や清澄白河の周辺は、東京ならではの下町情緒の感じられる、落ち着いた街です。また、美味しいグルメが食べられるお店も多いので、きっと充実した生活が送れることと思います。

大田区久が原・鵜の木って場所をご存じですか?高台の丘に位置する場所にある古くからある街並みです。緑の多い場所ですから、住環境には、最適な静かな場所となっていて、邸宅が立ち並んでいますよ。

そこでご紹介したいのが「ザ・久が原レジデンス」で、丸紅と東急不動産による新築マンションです。丸紅といえば、世界を相手にしている大手商社で、その国際感覚をマンション造りに生かしてきていています。また東急不動産と言えば、マンション建設の大手で、地域に密着した活動を続けてきていて、高い評価を得ている建築会社です。

そして、住宅としての立地の交通の便ですが、東急の2つの路線が走っています。東急多摩川線「鵜の木」駅へは、徒歩4分、東急池上線「久が原」駅へは徒歩8分です。

また、理想的な住空間は、その街に自然に溶け込んでいって、その環境と一体化されると最適なものとなっていきます。そう考えて見て行くと「ザ・久が原レジデンス」は、まさにぴったりとあてはまるマンションと言えます。緑が豊富な高台の丘に溶け込んでマッチしていますから、高品質な生活空間を確保できるのです。

大田区の新築マンション「ザ・久が原レジデンス」サイトにて詳しく紹介されていますので、ご覧になるには、
こちらまで!

Wordpress + Remedy